10%増税前にまた家やマンションの需要は上がるのか

今回の消費税8%への増税前に駆け込み需要で家やマンションなどの不動産が売れましたよね。また10%へ増税の路線が決まっている中で家やマンションの需要が上がるのでしょうか?実際に不動産は動いてきているみたいです。8%に上がってしまいましたが、10%に上がる前にと言う方は多いようで、需要はまだまだ上がってきそうな気配がしてますね。それに伴ってか家解体 の需要も上がってきているみたいです。土地だけなら売れるけど、家が建っているとなかなか売れないですからね。解体の費用なども上乗せしてかかりますし。なので業者の方々は土地を買い取って家など建造物を解体して更地にして売りに出すことが多いようです。

今はニュータウンとか新しい造成地が人気が上がってきていますね。ちょっと通勤は大変になってしまうけど、環境が良いところを求めている方がとても増えてきています。この流れは10%増税まで続くでしょう。そして10%の増税もほぼ決定路線となっているようですね。2020のオリンピックが控えているので、それに向けて景気が上向いていく予想がたっています。日銀も強気ですし。なにより不動産関連の需要が伸びてくるので、東京当たりの不動産の株価なんかはまだ上がりそうですね。オリンピックをうまく生かした経済対策をしてもらいたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>